2012年12月02日

選歌に関する、あれやこれ。

今回は、選歌を実際にやってみて感じたことなどを簡単にまとめておこうと思います。

詠むだけでなく選歌もやってみたいけど、労力はどれくらいなんだろう…などとお考えの方の、参考になればと考えております。

私の場合、大きく二回に分けて選を行ったのですが、本当は、最初の一回だけで終わらせるつもりでした。最初の一回の、その時点で投稿されている歌を対象に、選を行うつもりだったのです。

○一回目(11/10)

ふと、選歌をやろう!と思い立ち、24時間かけてひたすら選を行うと決め、週末を利用して選歌を行いました。どれくらい時間がかかるか全く分かっていませんでしたが、始める前は、100番目のお題まで辿り着けたらいいなあと、漠然と考えていました。しかし、まるまる24時間かけて辿り着けたのは、50番目のお題でした。

さすがにこれでは、いくらなんでも中途半端過ぎると思い、24時間が経過した後も選歌を進め、90番目のお題まで辿り着くことができました。

選歌する時期などにもよりますが、投稿歌は、最初のお題の方が圧倒的に多く、後のお題に進めば進むほど減ってくるので(←当たり前ですね)、まとめて選歌する場合、あるいは完走なさっていない方のお歌も選歌の対象とする場合には、前半は量が多いけれども後半は段々ラクになってくるということになります(←お題単位で考えた場合です)。


○二回目(12/01)

11/10以降、最後の数週間でラストスパートをかける方が多く、11/10時点の歌だけでは申し訳ないと思い、11/10〜12/01に投稿された1番〜90番目の歌+91〜100番目の歌、の選歌を行いました。前回は11/10に選歌を行っているので、それ以降に投稿された歌を確認して(←トラックバックから各人のブログへアクセスすれば、投稿日が分かります)、1番〜90番の歌の「追補版」を作成。91〜100番の歌については、一回目と同様に選歌を行いました。


一回目は約32時間、二回目は約6時間程度かかったと思います。計画性はゼロに等しいものの、二度の週末(連休)があれば、全ての歌の選歌はできるということになります。しかし、一回目は寝ずの作業も含まれているので、あまりオススメはできません。よって、計画的に、三度ぐらいに分ければ、さほど無理なく選歌できると考えてよいかもしれませんです。

こう考えてみると、例えば、ゴールした方を選歌の対象とすれば、選者の負担はさらに減らすことができます。あるいは、参加者がたった1首選歌するだけで、ゴールなさる方の人数だけを考えても、100首〜150首の歌が選ばれるはずなんですよね。

自分で選歌をしてみるまでは、どうせ選歌をするなら全ての歌に目を通して厳密にやらなければとか、さらにちょっと気の利いたコメントなんかもつけられたらいいかなとか、いろいろと思っていたのですが、最初から全部カッコ良くやらなくても、とりあえずやってみるのもアリかなと思えるようになりました。


雑文の域を出ませぬが、今日はこんなところです。
 
posted by 磯野カヅオ at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 選歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。