2012年11月10日

見切り発走!24時間選歌マラソン!011「揃」- 015「図書」

011「揃」

お揃いの雑貨手に取りまた戻し別々になる日ばかり思う (こはぎ) 

連弾の旋律先に走り行き休符を待って揃える呼吸 (津野) 

玄関に靴を揃えてあけがたの何事もなく履けますように (富田林薫) 

前髪を切り揃へたる心地なり上句を「なり」で切りたる歌は (星和佐方) 

「こち亀」が全巻揃っているという理由で通っている理髪店 (山本左足) 


012「眉」

ロッカーの鏡のなかにひとりきり眉の角度を確かめている (夏実麦太朗) 

眉二つを交互に動かし笑わせる父は優しい動物でした (佐竹弓彦) 

木漏れ日が綾なす椅子に向き合いて眉うつくしき人と思えり (さとうはな) 

眉上げて教師の言葉に逆らいて十四歳の冬に悩めり (湯山昌樹) 

あのシーンが白眉だよねと問いかけてキョトンとしてた男を捨てた (伊織) 

 
013「逆」

盲目の恋は嘘つき男さえ逆説的にいい人とする (ほたる) 

風吹けば狭き水路も波立ちて風に逆らう船足遅し (西中眞二郎) 

スニーカー逆さに干して休日の陽のまぶしさにあとは任せる (五十嵐きよみ) 

逆らってごらん言い訳してごらん心をつかって話がしたい (ぱぴこ) 

教科書を逆さのまんま読みあげてしまったように終わる告白 (ちょこま) 


014「偉」

わたしただ一人の前で偉人たる君の硝子の栄光を聞く (こはぎ) 

脚のないモビルスーツに乗りたがる俺を怒れば偉いんですか (古屋賢一) 

偉人らも胎児以前の出来事はみな書物から学んできたり (たつかわ梨凰) 

ぞろぞろとお付きを従え偉そうな10,000,000の先頭の「1」 (五十嵐きよみ) 

偉いとはほめられずとも壊さぬよう朝な朝なに焼く目玉焼き (青山みのり) 


015「図書」

飲み終えた缶の始末の怠りの巻き添えを食う図書館の本 (平和也) 

課題図書読んで書いてる感想文みたいに見える君からのメール (ひじり純子) 

手に添わぬ感触を持つ価値観は推薦図書の姿して来る (粉粧楼) 

読めなくて借りも出来ないその心図書目録に君を加える (流川透明) 

図書館の本は書店の本よりも老成するのがひと足早い (五十嵐きよみ) 



※お名前等、間違えがございましたら、申し訳ありません。
 
 
posted by 磯野カヅオ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 選歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301251196

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。