2012年11月11日

見切り発走!24時間選歌マラソン!021「示」- 025「触」


021「示」

カーナビの周辺地図が示す道曲がれば「春はもうすぐそこです」 (希)

嬉しさをうまく態度で示せずに笑いさざめく輪の外にいる (五十嵐きよみ)

しあわせを態度で示す方法は「みんなで」というところが大事 (あみー)

意思表示苦手なわれが歌を詠む褻(け)がある事に救われてゐる (今泉洋子)

どこまでが作品ですかこの星の展示目録いただけますか (松浦可音)



022「突然」


突然の雨のようだね 赤、青、黄、白、傘の花ひらかれて 春 (富田林薫)

「ありがとういつでもそばにいてくれて」何言ってんの何を突然 (芹澤すばる)

突然の雨に濡れたるおみな子の肌はアーモンドの匂いする (梅田啓子)

真夜中に目が覚めたあとかなしみが突然やってくるので困る (稲生あきら)

旅にでる前触れもなく突然に通潤橋を撮らんがために (村田馨)
 

023「必」

やはらかさ必要としてねころべばあたたかな泥、一夜にて出づ (新井蜜)

必ずや喜び呉れしか知らねども吾は懸命に貼り絵の文を (アンタレス)

必要悪って顔して公園に鉛の鳥が赤い実落とす (いまがみまがみ)

必死さが足りないんだと幾度も言われながらも生き延びている (南野耕平)  

ほんとうに必要なものは何だろう紙片の束になか指を切る (黒崎聡美) 


024「玩」

壊れてるように好きだと繰り返す届かぬ想い哀れな玩具 (薫智)

二人して買った玩具の発条をどうして私だけが巻くのだろう(発条=はつじょう) (高島津諦)

増殖をつづける玩具まちじゅうが夏になってもこどもがいない (杜崎アオ)

父さんの玩具箱にてスイッチを押せば震える物を見つけた (龍翔)

食玩の「食」の部分に住む価値と同類項であなたをくくる (新藤ゆゆ)
 
 


025「触」

リーマンとあわや接触よけもせず謝りもせずマンガにふける (もふ)

触れさせてもらえていたのは<潮干狩りちびっこプラン>のごとき表層 (佐竹弓彦)

きみの手を触れる触れざる指先に指輪はあらず 私でいいか (柴田匡志)

腫れ物に触るがごとく昨日の管理部長が始末書を読む (桑原憂太郎)

3年でただ一度だけ触れた手は運動会の借り物競争 (裕希)



※お名前等、間違えがございましたら、申し訳ありません。
  
   
posted by 磯野カヅオ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 選歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301270825

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。