2012年11月12日

選歌は続くよどこまでも!081「秋」- 085「甲」

081「秋」

四季のある国に生まれてまだ秋の正しい使い道を知らない (なまにく) 

蚊を殺し蚊をころしゆく秋の夜は死海の塩を湯船に入れる (梅田啓子) 

秋霧の晴れ着を借りて妹のそれに似るよう目尻を描く (tafots) 

来春の仮契約を期待してまずはメールで秋波を送る (桑原憂太郎) 

   
082「苔」

薄ら日の斑を描きつる苔寺にいにしへびとの影行き交ひぬ (紫苑) 

不安げに苔の線量測る友こんな時代に生きる子どもら (遥) 

朽ち臥して苔生す杜や蝉しぐれ夢と過ぎにし夢の数々 (すずめ) 

憎しみは舌苔のごとくはびこれり きれいなうたはもう歌えない (梅田啓子) 


083「邪」

風邪をひく前に葛根湯飲めと風邪ひいてしまった後に言われる (夏実麦太朗) 

ひまわりを薬罐に刺して8月はわが家を邪宗門と名付ける (柳めぐみ) 

清らかでいたい気持ちが邪魔をして魚と水が区別できない (あみー) 

邪魔になる髪を縛って休日の午後いっしんにタイルを磨く (五十嵐きよみ) 


084「西洋」

西洋のお菓子が青い空ならば和菓子は春の薄墨の色 (ほたる) 

垂乳根の祖母の生まれはたしか西洋酒に浸けた無花果が好き (tafots) 

あの店の西洋菓子を手みやげに詐病の友を気遣いにゆく (はぼき) 

親戚の集まりでまた語られる西洋かぶれの祖父の思い出 (五十嵐きよみ) 


085「甲」

若き日の歌読みおれば年甲斐なき感傷も湧き夜の更けたり (西中眞二郎) 

消しゴムで消せば済むのにおおげさに甲板(デッキ)ブラシを持ち出すからだ (佐竹弓彦) 

真っ先に冬が降り立つ手の甲はきっと君からするりと逃げる (ワンコ山田) 

甲高な足の娘は季節ごとシンデレラにはなれないと泣く (津野) 



※お名前等、間違えがございましたら、申し訳ありません。
 
  
posted by 磯野カヅオ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 選歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301400919

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。