2012年12月01日

選歌は続くよどこまでも! 051「囲」- 090「舌」【追補版】

054「武」

知らぬ地で起こった事情など知らず武蔵野線を今日も待ち侘び (出雲もこみ)

060「プレゼント」

食べかけの割と大きな鳥類をプレゼントにゃと置いて行かれた (高良すな)

061「企」

コンサート君を誘う(いざなう)企ては振られたふりして「代わりに行かない?」 (裕希)

063「久しぶり」

髪型を変えたメイクもかえてみた久しぶりっていうときのため (藤崎しづく)

065「酢」

ちょっとだけキミの三杯酢はあまい すれ違いなどそんなとこから (Jingo)

070「芸」

来年の芸術科目選択を誰と決めるか決めかねている (さくら♪)

072「狭」

冬の日の一番狭い森としてあなたはブロッコリーを残した (さとうはな)

濁らせてしまうみずうみ貝殻の中が狭いと気付かないまま (藤崎しづく)

073「庫」

どうやって入れたんだろう狭い車庫それよりどうやって降りたんだろう (矢野理々座)

074「無精」

無精するきみに無精をせぬ髭が生えればそれは無精髭なり (飯田彩乃)

076「桃」

「おいしない桃やったな」と桃に言うわけでもないし俺にでもない (飯田和馬)

077「転」

生きている証をうたうドリームズカムトゥルー今日の転調しずか (たえなかすず)

078「査」

窓の外に世界もうひとつあるような日を検査薬とともに過ごしぬ (飯田彩乃)

079「帯」

雨音を持たぬ夕方 しずけさを帯びたレアチーズケーキを選ぶ (黒崎聡美)

080「たわむれ」

公園にたわむれている子供らの今日は記憶に残るだろうか (黒崎聡美)

たわむれて私にヘッドホンかぶせ「いいだろ」なんてまるで彼氏だ (裕希)

083「邪」

君からのメールに嬉しくないそぶり天の邪鬼から卒業したい (裕季)

邪魔者と知らなくてごめん気まずげな帰り道さえ楽しかったよ (ちょろ玉)

085「甲」

寄り添へば寄りかかりくる愛すべき甲斐性なしの頬強く打つ (鮎美)

086「片」

みずうみを片づける気もないらしくあなたはついにうかんでこない (杜崎アオ)

087「チャンス」

瀬戸際でチャンスボールを決められぬ運命のまま菜を刻みたり (青山みのり)



※お名前等、間違えがございましたら、申し訳ありません。
 

この【追補版】は、前回の自身の選歌時(11/10以降)より12/01までに投稿されたものから、新たに選歌したものです。91首〜100首は、12/01に選歌したため、追補版はございません。


    
posted by 磯野カヅオ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 選歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304729701

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。