2007年04月24日

折り返し地点の、少し長い感想。

「題詠blog100首マラソン(2007)」の50首目までをアップしました。
今日はまた、今ちょっと思うことなどを。

やはり少しハイペースの感はありますが、"苦しいけど気持ちいい"というランナーズ・ハイのようなものを味わっています。

20首目までアップした後に書いた、どんどん詠まねば!という焦りのようなものはなくなりました。10首単位でアップしていくというのが、自分にとっては良いペースなのかもしれません。

もしかしたら、1つ1つの歌についてもう少し時間をかければ、
ベタな内容の歌もなくなって、気の利いた言い回しも思い浮かんだりして、マラソンらしいマラソンができるのかもしれない。

でも、あまり奇を衒いたくないというか、最初に自分の中から出てきたインスピレーションを大切にしたいと思うのです。
それがよくある情景であれば、できあがる歌はありふれたものになってしまうかもしれないけれど、100個の歌を詠む中にあっては、ベタな内容の歌も愛おしく感じるものです。
逆に「少し凝ってみよう」と考えるお題も出てきますしね。

ペースダウンをしてしまうとゴールすら危うくなるような気もしますが(性格的に)、とりあえず自分で納得のいく歌を創って、後半も続けていけたらと思います。

早くゴールしたいけど、どんどん進んでしまうのは勿体ないなー。
posted by 磯野カヅオ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経過など(07) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。