2007年08月29日

「朝日歌壇(2007)」のこと。

今回は何をテーマに書こうか少し迷いました。

まぁ何をテーマに書いたところで、何か特別な情報が得られるブログというわけでもないのですが。

ただ、自分の中では、古典or和歌に絡んだことを書こうという前提があるので、「源氏物語」や古典文法に関する話が続いてきて、例えばここで「徒然草」や「枕草子」を選んでしまうと、古典系ばかりが続いて和歌の話にあまり触れない内容が続いてしまうしなあとか、そういった点で少し迷ったのでした。

ということで、今回は直球勝負、某新聞に昨年掲載された短歌がまとめられた冊子「朝日歌壇(2007)」を手にしてみました(どの新聞だか分かってしまいますが)。

ところで僕は、短歌集や詩集、句集の類などは今まであまり読んだことがないのですが(「新古今和歌集」など古典系はあります)、新聞などに掲載される短歌には古典チックな言葉が沢山使われているものとばかり思っていました。確かにそういう形式で詠まれた短歌もあるのですが、いわゆる現代短歌が多く並んでいたことにとても驚きました。

プロの歌人などは古典形式の和歌を詠む場合の方がおそらく多いと思うのですが、新聞は短歌の専門誌ではもちろんありませんから、当然と言えば当然ですよね。驚くツボを間違えている気がします、自分。

さて、では内容はというと、実にさまざまな題材を詠み込んでいます、某新聞を購読なさる方々。
時事問題や社会問題はもちろんのこと、家族の成長や冠婚葬祭、旅情の描写や日常の一コマなど、極端に言えば"なんでもアリ"で、中にはユーモア重視の和歌も見受けられました。

例えば・・・と、いくつか気に入った短歌をここに載せてしまえば早いのですが、そういうことってどの程度まで許されるのかよく分からないので、やめておきます。

形式を重視して、嘆きや憂いを切々と詠む短歌も好きですが、感じたことをそのまま短歌として切り取っておくのも良いなと思いました。

あるいは、古典形式を採るのであれば、やはり文法などにはある程度気を遣った方が良いように思います。見た目には正しく詠めていても、意外に間違えやすいポイントというのがあるようです(完了・過去の助動詞の使い方はかなり間違えやすい)。


このブログを書く発端となった「題詠blog(2007)」では、与えられたお題の言葉を含めた短歌を創るということで、そのお題にまつわる自分の身の回りのことを詠み込んだ歌が多くなりがちでした、ボクは。
でも、気になる時事問題を風刺してみてもいいし、自分が目撃した(自分とは直接関係のない)一つの場面を詠んでもいい。そういったことにも改めて気づかれる内容でした、ボクにとっては。

"新聞に投稿される短歌なんて日常的に気にして見ています"という方もいると思いますが、そうでない方は、ちょっと気にして見てみるのも面白いと思います。
posted by 磯野カヅオ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 和・古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

俳句 α (アルファ) 2007年 10月号 [雑誌]
Excerpt: 俳句 α (アルファ) 2007年 10月号 [雑誌]・短歌紹介・短歌の情報・音樂人・中日歌壇・全度妍倒天王 東方神起稱霸歌壇・「朝日歌壇(2007)」のこと。・毎日歌壇・近所の歌壇・【當代歌壇】・薄..
Weblog: ゆうかの日記
Tracked: 2007-10-03 07:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。