2007年10月30日

題の位置と冬眠について。

気がつけば10月も終わり。早いですね。

このブログの更新も今日でひとまず終わりです。

「新古今和歌集」のこととか、もっともっと書こうと思っていました。

しかーし、今日も題詠blogの話。


詠み終えた100首の、お題の位置はどうなっていますか?

初句?二句?中句?四句?結句?どこにありますか?

例えば、100首あるうちの90首はお題が初句にきているってどうなんでしょう。

ちなみに僕の場合、

初句:19首
二句:23首
中句:08首
四句:24首
結句:26首 

となっていました。

中句にお題がくることはとても少なかったようです。

中句にお題がくることがとても少ないということはすなわち・・・と考えるのは、自分一人でやります。

お題の位置以外にも、100首あるがゆえに確認できる傾向なんかをいろいろと見てみるのも面白いのではないでしょうか。


ということで、このブログは冬眠に入ります。

もしかしたら、また来年の題詠blogマラソンで使うかもしれませんが、今の時点ではなんとも言えないです。


見に来ていただいていたみなさま、本当にありがとうございました。


磯野カヅオ
 
posted by 磯野カヅオ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 和・古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。